▲Page top

INFOMATION BOARD


RSS 2.0 RSS 2.0
■ 2018.05.01 「YTガン」テクニカルアドバイザーのご紹介

■ 2017.09.21 日本受精卵移植関連合同研究会 京都大会ブースご来場の御礼

■ 2017.03.27 英語版ページ「English page」を追加しました

■ 2016.09.18 日本受精卵移植関連合同研究会 東京大会ブースご来場の御礼

■ 2016.03.05 「YTガン」を使った研修会・講習会を企画検討される皆さんへ

■ 2016.02.07 第31回東日本家畜受精卵移植技術研究会 石川大会ブースご来場の御礼

■ 2016.01.20 使用済 「YTガン」回収事業終了のご案内

■ 2015.08.31 「YTガン誕生の歩み」 について講演しました

■ 2015.02.10 第30回東日本家畜受精卵移植技術研究会 秋田大会ブースご来場の御礼

■ 2014.05.17 「YTガン」 包装仕様変更のご案内

■ 2014.05.12 全農「新ETシステム」長野フィールドより

■ 2014.04.04 追い移植は結構いける(長野家畜保健衛生所より)

■ 2013.11.07 「YTガン」 準備 セッティングの説明動画(全農ET研究所より)
2018.05.01
「YTガン」テクニカルアドバイザーのご紹介
この度、「YTガン」テクニカルアドバイザー として 「山本動物ETクリニック」 山本広憲 院長 と顧問契約を締結しました。
同院長には「YTガン」の開発・販売当初からユーザー様のお声として数々の助言を頂いておりました。
今後も、これまで同様に山本アドバイザーの助言と共に、ユーザー様のお声に真摯に向き合って参ります。
ご要望があれば、現地実技指導もスケジュール調整して前向きに対応させて頂きます。 ご一報をお待ちしております。
2017.09.21
日本受精卵移植関連合同研究会 京都大会ブースご来場の御礼
ブースご来場ありがとうございました。
テーマ
2017.03.27
英語版ページを追加しました
FatherComputer社 制作の 「English page」 をWebサイトに追加しました。
2016.09.18
日本受精卵移植関連合同研究会 東京大会ブースご来場の御礼
ブースご来場ありがとうございました。
テーマ
2016.03.05
「YTガン」を使った研修会・講習会を企画検討される皆さんへ
受精卵移植研修会や講習会において、教材として使用される「YTガン」の無償提供でご協力いたします。
ご要望があれば実施される時期・場所・参集人数などの詳細を  問い合わせフォーム   からお知らせ下さい。

2016.02.07
第31回東日本家畜受精卵移植技術研究会 石川大会ブースご来場の御礼
ブースご来場ありがとうございました。
テーマ
2016.01.20
使用済「YTガン」回収事業終了のご案内
平成26年8月より、資源の有効利用と実質価格低減の面から、使用済「YTガン」回収の事業化を試みましたが、諸般の事情により平成28年1月20日をもって終了させて頂きます。
これまで多くの方々にご協力を頂き、深く御礼申し上げます。 ありがとうございました。

使用済「YTガン」の外筒

2015.08.31
「YTガン誕生の歩み」について講演しました
「第8回日本ET実務者ネットワーク研修会(高知大会)」  案内パンフレットの表示

8月27日に高知県で開催された第8回日本ET実務者ネットワーク研修会にて、「YTガン」の開発コンセプトなどについてお話しさせて頂きました。
その講演でのスライドを紹介します。
(画像をクリックすると拡大します)


タイトル  ポイント  試作(1)  試作(2)  その他仕様
現行カバー  改良カバー  改良カバー  使用上の注意  さいごに
2015.02.10
第30回東日本家畜受精卵移植技術研究会 秋田大会ブースご来場の御礼
ブースご来場ありがとうございました。
テーマ
2014.05.17
「YTガン」包装仕様変更のご案内

この度、「YTガン」は包装仕様の変更をいたします。変更内容は下記のとおりです。


  • コネクタと外筒鍔(つば)との間をロット番号を印字した紙製スペーシング材で挟み込みました。
  • スペーシングは、輸送中での振動でチューブが飛び出して曲がり癖が付くのを防ぐ目的で設けました。
  • これまでの包装袋に貼り付けていたラベルは廃止しました。

スペーシング材


飛び出し  クリップ処理  ラベル変更

新包装仕様は従来品の在庫が無くなり次第(26年6月以降より)順次切り換わります。

2014.05.12
全農「新ETシステム」長野フィールドより
「新ETシステム」紹介サイト 「農業協同組合新聞」
5月10~11日に「全農長野 八ヶ岳牧場」「JA長野八ヶ岳」「伊那酪農協」のフィールドで全農ET研究所「新ETシステム」による集中移植が実施されました。その中でのシーンをご紹介 (画像をクリックすると拡大します)

育成牛  経産牛  カバー無し  緊張  エコー表示
2頭同時  踏み台  想いの一致  血液採取  整理整頓
2014.04.04
追い移植は結構いける
2013.11.06
「YTガン」 準備 セッテイング